転職活動の準備をしましょう!

転職活動、上手く乗り切るには?

准看護師求人転職活動には何が必要?

看護師が転職をすることになった場合、履歴書と職務経歴書が必要になります。 これらは、自分がこれまでどのような仕事をしてきてどのような知識・経験を持っているのかということをアピールする非常に大切なものなので、しっかり記入するようにしましょう。
准看護師に強い求人サイトは?

履歴書は、自分の理想を相手の企業に伝えるための役割を持っています。 書店の他、スーパーやコンビニでも販売されているので、用意するのは難しくありませんね。 インターネットを通してダウンロードしてもいいでしょう。

職務経歴書は、応募する施設によっては必要ないと言われることもありますが、相手から指定がない場合は基本的に用意しておいたほうがいいです。 こちらも履歴書と同じく自分の知識や経験をアピールするために非常に大切なものです。 丁寧な字で書きこみましょう。

この他に必要になるものといえば、看護師免許の原本かコピーです。 当然のことながら、更新を忘れてしまったものを提出するわけにはいかないので、更新を忘れることがないようにしましょう。

それから、身元引受人の鑑証明書、雇用保険被保険者証、前職の源泉徴収票、年金手帳などが必要です。 職場によって用意するように言われるものが違うので、何が必要なのか事前に確認しておいたほうがいいですね。

それから、転職にはお金が必要になるということを理解しておかなければなりません。 本気で理想的な職場を探したい場合、仕事を辞めて本格的に探すのがおすすめです。

しかし、次の職場が決まって初給料を受け取るまでは貯金を使って生活していく必要がありますよね。 どれくらいの時間をかけて転職活動をするのか、仕事を続けながら転職活動をするのかという違いにより、転職活動に必要な貯蓄や預金も変わってきます。

面接が決まってからあれこれ準備するとなると大変なので、前もって準備することができるものは用意しておいたほうがいいでしょう。 面接の際にバタバタすることがないよう、余裕を持って転職活動ができるといいですね。

育児と仕事の両立について考える

看護師として働く女性は、育児と仕事の両立に関することもよく考えておきましょう。 妊娠をしてもギリギリまで働くつもりだという人も多いようですが、いざ妊娠をしてみると思っていた以上につわりが辛いなどの理由から早々に職場を離れる人もいます。

育児と仕事を両立することができるかどうかというのは、職場によって大きく異なると思っておいたほうがいいでしょう。 サポート体制が整っているところであれば、子供が3歳の誕生日を迎えるまで育児休暇が取れるところもあります。

これだけ長期で休みが取れるのならば、落ち着いて子育てができますよね。

しかも、その間に第二子を妊娠したということであれば、続けて産休や育児休暇が取れるところもあるのです。 その一方で早く職場に戻らなければ自分の地位が危うくなるといった理由から急いで職場に戻る方もいます。

妊娠について考える際には、自分の理想について旦那さんと相談しておきましょう。 特によく考えておきたいのが、一人目の出産が終わったあとの第二子の妊娠に関することです。 例えば、第一子に続けて第二子、第三子まで欲しいと考えていたとしましょう。

一人目と二人目の間は3年ほどあけたいということであれば、その間に職場復帰して働くということも考えられます。 しかし、すぐに第二子や第三子を妊娠したいと思っているのであれば、その途中で復職するのはおすすめできません。

短期間だけでも働きたいと考える人もいるかもしれませんが、それでは職場に迷惑をかけてしまう可能性が高いだけでなく、自分の体にも負担をかける形になってしまいます。

第三子の子育てが落ち着いてから復職する、というように具体的な理想を持っていれば、第一子を妊娠した際に休職と退職のどちらを選択するのかということも考えやすくなるでしょう。

これは自分一人で決められる問題ではないので、旦那さんや職場の関係者ともよく話し合いながらどのように働いていくのか考えてみてはどうでしょうか。

管理職の看護師として働く

20代、30代のうちはまだまだ学ぶことがたくさんありますが、長く実務経験を積んだあとは管理職を目指してみてはどうでしょうか。 主任や師長の他、看護部長などの管理職があります。

管理職を務めるということは責任が増えるということでもありますが、非常にやりがいがあると感じている人が多いようなので、看護師という仕事が好きならば管理職を目指すのがおすすめです。

もちろん、通常のスタッフとして働く時よりもやらなければならないことは増えます。 例えば、看護部門の目標を作ったり、スタッフの管理をするというのも管理職の大切な仕事です。 また、新人育成や危機管理も管理職が中心となって行うことになるでしょう。

管理職というだけあって、楽しいことばかりではありません。 上司と部下の間で対立や意見の食い違いが起こってしまい、板挟みから激しいストレスを感じることも考えられます。

何かとストレスが多いポジションではありますが、管理職を担当できる看護師というのはどの病院からも求められている存在なので、かなり好条件の待遇が待っていることも珍しくありません。

特にそれまで勤めていた管理職の看護師が辞めてしまったという企業では、驚きの好条件で管理職の求人情報を出していることもあるのです。

ただ、看護師として長く勤めているからといって、誰でも管理職に向いているわけではありません。 高いリーダーシップが求められる他、コミュニケーション能力や急な事態にも臨機応変に対応できる柔軟性と知識などが必要です。

新人を指導したりまとめていくためには部下から慕われている必要もあるので、人望や人柄も求められます。 こういった様々な条件を満たしているかどうかというのは面接の際にもチェックされるので、自分の強みなどをアピールしていきましょう。

看護師専門の人材紹介サービスを利用すれば、自分の経験や能力でも管理職を務められる職場が見つかるはずです。 いざ働き始めてから自分には荷が重い仕事だったと後悔しないよう、転職サイトのコンサルタントに相談をしながらどの求人に応募するか考えましょう。

copyright 2010 准看護師求人 All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。